FC2ブログ

塚本 誠二郎個展のご案内

伊豆高原第19回アートフェスティバル参加

「桑原 宏と11人のクラフト展」展示中の塚本 誠二郎氏の個展ご案内

場所 東京都中央区銀座1-9-8
    奥野ビル3F
   Tel・03-3567-8727(巷房・コーボー)

日時 2011・5月30日(月)~6月11日(土)
    12:00~19:00(最終日17:00)日曜日休廊
IMG_0003.jpg

IMG_20110523204220.jpg

ご案内状のコピーです。
どうぞご期待いただきますようにご案内申し上げます。
スポンサーサイト



出展者と作品のご紹介・2

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品のご紹介・2 (順不同)

河野 すみ子 銅(大皿)
P5160001.jpg

内田 道子 銅 (鍛金)
P5160005.jpg
P5160012.jpg

P5160006.jpg

P5160004.jpg

P5160003.jpg
     銅    状差し
内容は田澤 実枝子 ステンシル(ポストカード)

百瀬 智之 バッグ(coto coto)
手縫い
P5160013.jpg

内海 純 バッグ(リュータ・リュータ)
共布のバッグと日傘

P5160011.jpg

押見 洋夫 金工
銅 椿・流木の一輪挿し
P5160010.jpg
P5160009.jpg
以上追加致しました

第19回アートフェスティバルへ参加出展しています

第19回伊豆高原アートフェスティバル開催中です。
当美術館は「桑原 宏と11人のクラフトマン展」で参加いたしております。
「お知らせ」のページにてご紹介いたしておりますがパン爺も「蘂爺さん」で金工部門へ出展、コハビテイションリングのご提案やらペンダントなど銀、銅を叩いたり曲げたりしております。
ペンダントの一部を写真でご覧頂きます。
P4270005.jpg
真鍮ワイヤー

P4270007.jpg

P4270008.jpg
銅ワイヤー

P4270010.jpg
銀(99.9%)も有ります

波、人、ハート、母子、家族などのイメージを形にしています。

ミカンピール作り進んでいますよ

伊豆ではみかんが順調に実っています。

昨年暮から温州みかん、橙、夏みかん、甘夏・・・、どんどん旬を迎えています。
無農薬の物を順にピール作りはじめております。
主に毎回好評にお応えしてミカンピールパンには欠かせません。
田舎パンや年末のシュトーレンにも混ぜ込み、伊豆では無くてはならぬ味と香りの主役です。P1160001.jpg
お正月のお飾りに使われ食べられずに捨てられる・・・。
橙は4月になると生食出来るほど甘く完熟します。
P1160004.jpg
甘く完熟した橙の皮むき。

Cohabitation Ring のご提案

Cohabitation Ring(Live Together)

コハビテイション リング・・・・「同棲」・「共同経営」直訳

お一人では「密やかな決意、希望、目標・・・」

お二人の 「約束、目標,決意・・・」

ご家族の 「絆・・・」

グループの「連帯・・・」

リングの外からでは見えない内面に「言葉や数字など」刻み記録して何時も身に付け、そっと確認する時

が・・・。

  素材  純銀製(99.9%)・(表面に金メッキ)

変形や傷が一緒に生きた証となって大切に残ります。

一定期間過ぎたら、思いを新たに素材を変えて作り直しをお勧めいたします。装飾指輪として。

前向きな生き方を応援致しますオリジナルな指輪です。

1つ1万円より(素材は別)ご相談ください。

P5110001.jpg

左は指に装着時、右は内面に文字を刻んだもの(金メッキ)

P5110003.jpg

P5110004.jpg
三連でバラバラにはなりません

P5110005.jpg
結び目が飛び出したデザインと円いデザイン

指輪は装飾品としてよりメッセージリングとして長い歴史が有ります。

指に嵌めずにペンダントトップやバッグ・衣類のストラップなどセンスアップ!!

    手業「蘂爺さん」よりご提案いたします(お問い合わせは美術館へ)

(5月31日までアートフェスティバルで展示しております)

出展者と作品のご紹介

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品ご紹介

⑪ 押見 洋夫  金工  (蘂爺さん)

P5080001_20110510114006.jpg栞、ペーパーナイフ、三連リング


P5080002_20110510114006.jpg
ペンダント

P5080015_20110510114128.jpg
地震を知らせる蝋燭たて

出展者と作品のご紹介

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品ご紹介(順不同)

⑩ 内海 純 (リュータ・リュータ)
バッグ
P5080003_20110510114005.jpg
素材は革、布、織物・・・。インドなど民族色のある素材を集めて創造する一点もの

P5080004_20110510114005.jpg
酒袋は和洋を問わず

P5080005_20110510114004.jpg
使い易さが好評

P5080006_20110510114004.jpg
オーストリッチはお買い得

大震災義捐金
震災直後より内海 純氏製作の革製ティシュペーパーカバーをお買い上げ頂き全額を義捐金として寄付して参りました。今回
追加分を製作して再度義捐金をお願いいたしております。
ご協力を宜しくお願いいたします。

出展者と作品のご紹介

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品ご紹介(順不同)

⑨ 百瀬 智之 ハンドメイド レザークラフト(coto coto)

ハンドバッグ
P5080027.jpg
ブローチは内田 道子氏
ジュエリーは日高 瑠那氏

P5080028.jpg
P5080030.jpg

出展者と作品のご紹介

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品のご紹介(順不同)

⑧日高 瑠那  ジュエリー・彫金
P5080028.jpg
イヤリングも人気
バッグは百瀬 智之氏の作品

P5080029.jpg
万華鏡は赤尾 政登氏の作品

P5080024_20110510114128.jpg
スターリングシルバー、シルバー99.9
繊細で清楚、上品な美しさを創造

P5110008.jpg

P5110012.jpg

出展者と作品のご紹介

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品ご紹介(順不同)

⑦ 赤尾 政登 ジュエリー
万華鏡
P5080031_20110510150038.jpg

P5080025_20110510114127.jpg

P5080030_20110510114204.jpg

出展者と作品のご紹介

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品ご紹介(順不同)

⑦ 高嶋 裕昌 金工 伊東市在住
P5080019.jpg
香 銅

P5080023.jpg
オブジェ

P5080020.jpg
P5080014_20110510114129.jpg
オーム貝 ステンレス
今にも動き出しそうな迫力の有る大作

出展者と作品のご紹介

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品ご紹介(順不同)

⑥ 田澤 実枝子 染色
P5080011_20110510114045.jpg
P5080010_20110510114045.jpg
P5080009_20110510114046.jpg
ステンシル

P5080008_20110510114046.jpg
P5080007_20110510114047.jpg
バッグ(一枚の布と持ち手)

出展者と作品のご紹介

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品のご紹介(順不同)

④大塚 とは陽 金工 (鍛工房)
P5080010.jpg
レリーフ「私はうさぎ」 銅

⑤河野 すみ子 金工 (鍛工房)
P5080011.jpg
レリーフ「海の仲間達」 銅に緑青

P5080012.jpg
レリーフ「マンボウ」 銅に緑青

出展者と作品のご紹介

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品のご紹介(順不同)

③ 内田 道子 金工 (TAN/鍛工房)

 生活雑器
P5080008.jpg
花器とアヒル
背景は桑原 宏 函館通称「ガンガン寺」

P5080014.jpg
鯛が一匹納まってしまう・・・

P5080016.jpg
丸い形が丹精

P5080018.jpg
丸大鍋(フライパン)
何れも内面はスズびき

P5080026.jpg
花器と明かり

P5080025.jpg
銅絞り

P5080024.jpg
銅絞り ワインクーラー
敷物は銅線を編んだ物

P5080009.jpg
展示の様子

P5080013.jpg
即売コーナー
その他大きな作品として、お盆・甕が有ります。
ご来場頂き素晴らしさをご体験!お楽しみ。

出展者と作品のご紹介

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品のご紹介(順不同)

① 桑原 宏 1994年10月北海道にて死す

代表作品 「三宝寺」(東京練馬区石神井)  19977年
 
P5080001_20110509215039.jpg

油絵とデッサンを展示
最晩年の「和子と共に」(1993年)は妻と二人三脚で仕上げた桜の絵で妻はその完成した絵を見ないまま先立ってしまった。
会場で是非、ご覧頂ければ幸いです。

パンは土曜日、日曜日に薪を焚いて石窯で焼いている国産小麦粉と天然酵母のパンです。

出展者と作品のご紹介

「桑原 宏と11人のクラフトマン展」作者と作品のご紹介(順不同)

② 塚本 誠二郎  南伊豆在住

  合子と椅子

P5080021_20110509221512.jpg
合子 「二十面体と球体」(陶器)

P5080022_20110509221512.jpg
蓋を開けてみると静かな小さな宇宙が開けます
陶土は地元伊豆の土、熟慮の黒!白!深く。

椅子(四脚)
P5080002_20110509221454.jpg
臼とテーブル(鍛金・内田 道子)は別です。

P5080004_20110509221453.jpg
三角形(アオキ)

P5080003_20110509221454.jpg
角(アオキ)

P5080005_20110509221453.jpg
角(イチョウ)

P5080006_20110509221451.jpg
丸(スギ)
脚は何れも鉄
厚みがあるので、凹みに腰が落ち着いてとても楽ちん。
木の温もりが豊かな時間を演出してくれる事でしょう。
是非腰掛けて見たくなる椅子ですよ。

合子、椅子其々1つ10万円です。

塚本誠二郎氏は5月中ごろより東京にて個展開催予定です。会場・日時は追ってお知らせいたします。

新緑の中、伊豆高原は第19回アートフェスティバル開催中!

伊豆高原の桜は自粛ムードの中半月程遅れて4月8日頃満開となりました。
その後、一雨ごとに緑を増して今や輝くばかりの「新緑の候!」真っ最中。

恒例の伊豆高原アートフェスティバルは第19回目を5月1日よりスタート致しております。
今年は83のスペースと5つの会場が参加しています。

美術館「ローズマダー・桑原 宏作品館」はスペース№55(パンフレット・アートフェスティバル通信「半島暮らし」に表記された№、高原駅、観光案内所などで入手可能)です。

  「桑原 宏の絵画と11人のクラフトマン(女性も含む)展」

出展者のご紹介

塚本 誠二郎 合子 椅子        内田 道子 金工(TAN工房)

田澤 実枝子 染色           高嶋 裕昌 金工

河野 すみ子 金工           大塚 とは陽 金工

赤尾 政登  ジュエリー        日高 瑠那  ジュエリー

百瀬 智之  バッグ          内海  純  バッグ(リュータ・リュータ)

押見 洋夫  金工(蘂爺さん)     順不同

「東日本大震災」、被災された方々の一日も早い復興を願っています。
義捐の為の作品提供作家と義捐金を寄せていただきました方々へお礼と感謝を申し上げます。

次はクラフトマンの作品をご紹介いたしてまいります。
Menu
最新記事
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる