FC2ブログ

ゴーヤに負けてしまいました。

この夏は暑さが厳しく日照りが続いて、畑の葉物は赤くちじれて可哀相でした。

しかし、一人ゴーヤは元気で実を成らせて威勢が良いのです。

9月24日畑には橙色の実が弾け開いた口からは真っ赤な「種の包」が・・・。

P9240016.jpg
普通には緑色を収穫しています。
P9240015.jpg

赤い「種の包」は寒天状で口に入れると仄かに甘い。

来年の為に種を採るためも有り、昼食事に多分10粒ほどを食べてしまいました。

夕方入浴後の6時ごろ気分が悪くなり吐き気、腹痛が襲ってきました。

胃が痛み急遽横になり、大腸や小腸を揉み解し便を出したところ・・・。

見覚えの在る真っ赤な寒天質が出ていました。

消化が悪かっただけではなくて、何かキノコのような毒でも在るのではないか?

調べても分かりません。

思えば甘いのに蟻も、カラスも虫も寄ってこない事に気づきました。

朝の便にも赤い物が混じって出て、楽になりました。

皆様は同じような経験をされましたでしょうか?食べ過ぎにご注意を!

汚い失敗談!で恐縮です。



スポンサーサイト



岡野元勝作品の文化財宣言が記事になりました

昨日、9月19日の「お知らせ」の様子を報道した伊豆新聞記事(9月20日)をご紹介いたします。

IMG_20120920232602.jpg

文化財の薦めを説く谷川晃一氏と岡野元勝氏の描いた「八幡野港」を持っている参加者

大きな拍手で、八幡野の文化財宣言が発せられた。

「岡野元勝作品」文化財宣言

今年、2012年5月の伊豆高原アートフェスティバル20周年記念特別展示として

 伊豆高原の文化財

 岡野元勝絵画展「八幡野港の朝」

会場 城ヶ崎文化資料館

ご覧になった方も多いと思います。(期間中になんと1800人)

好評でアートフェスティバル終了後も10日間延長展示をし大変な人出を記録したそうです。

本日、2012年9月19日4:00~

「岡野勝元作品文化財宣言」の会が開かれました。

会場 八幡野コミュニティーセンター

岡野元勝氏の長男ご夫妻、絵を提供された個人、そして城ヶ崎文化資料館館長平沢氏、

副館長小林氏など20余名の方々。

谷川晃一、麻生、相澤各氏伊豆高原アートフェスティバル運営委員会関係者10名余

が出席して開かれました。

案内看板
120919_1346~01

文化財宣言の必要性を語る谷川晃一氏
120919_1412~01

谷川晃一氏は「岡野元勝絵画展」の経緯や反響の大きさを説明しながら

80点以上にもなる絵画の今後の扱い方についての提案説明がありました。

先ず、記念館が有れば良いのだが・・・。

持ち主の名簿を作り町の宝として「アートストック」し、町から流失しないように

親から子へ、町の文化財宣言をしようと呼びかけました。

是に応えて、城ヶ崎文化資料館館長平沢氏が「沢山の絵を並べてみるとその違いが分かる・・・」

「八幡野の文化財として宣言する!」と拳を突き上げ宣言。会場からは大きな拍手が沸き起こり

ました。

これからは城ヶ崎文化資料館では10点程を常時展示する予定だそうです。

長続きしている伊豆高原アートフェスティバルの素晴らしい成果でしょうか。



Menu
最新記事
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる