FC2ブログ

桑原宏画伯生誕100年記念展を開催

 桑原宏生誕100年を記念して北海道夕張郡長沼町にて記念展を開催します。
北海道を舞台に描いた油絵(14点)のほかにイタリアやフィンランドなどのデッサン(14点)、愛用のスケッチブック、画集、絵はがき、画材、写真、自筆手紙なども展示します。
詳細は以下のとおりです。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

とき:2010年3月6日(土)~14日(日)
   10:00~18:00(月曜日休館)
場所:北海道夕張郡長沼町図書館ギャラリー
入場料:無料
主催:長沼町・長沼町教育委員会
後援:長沼町文化協会
協力:フラワーアレンジメント花あしらい

長沼町教育委員会のあいさつ(チラシより転載)

 桑原宏画伯は生誕100年を迎えました。
 戦前・戦後厳しい社会の狭間で、作画活動を続けて来られましたが、本格的な画業生活は50歳に入ってからであります。森や林や山の自然をテーマにした風景は、画伯が林材新聞社勤務での影響が強いと画集でも述べられています。
 1959年(昭和34年)5月、はじめて北海道に渡り雄大な自然に魅せられ、時には台風等の猛威により自然破壊の凄惨を目の当たりにされてきました。この中で自然保護にも努めながら数多くの作品を世に残されました。晩年は、大半が長沼の地を作画活動の場とし、毎年春になると北海道に出向きたくウズウズしていた心境が、今でも伝わってきます。
 桑原が履くと同年代には、松本清張・太宰治・大岡昇平・中島敦など素晴らしい作家が肩を並べています。
 長沼町では、桑原画伯の生前からのご遺志によりご遺族から油絵、デッサンなど84点余にのぼる作品の寄贈を受け、毎年作品の数々を順次公開し作品展を開催しています。
 画伯の知的で純真誠実な人柄は、作品に万遍に表れていて1枚1枚の絵が、訪れる人々に何かしら深い感動を与えてくれることでしょう。
 

チラシ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Menu
最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる